拡大してもぼやけない図を貼ろう

こんにちは、astah*開発チームのりりぃです。
皆さんは作成されたクラス図等をドキュメントに貼って、拡大したらぼやけてしまった経験はありませんか?

画像ファイルは主にラスタ画像とベクタ画像に分けられます。ラスタ画像はドットを集めて絵を表現したもので、ベクタ画像は座標の計算によって線や面を表現したものです。繊細な色合いを大切にしたい「写真」はラスタ画像が向いていますが、直線や曲線を中心として構成される「モデル図」は、ベクタ画像が向いています。

raster_image_and_vector_image

astah*は図の画像出力と、他のアプリケーションに直接ペーストするための、図要素をクリップボードにコピーする機能を提供しています。


ベクタ形式で画像出力するには

ベクタ形式で図を画像出力する場合はSVGかEMF(Mac版未対応)を選択しましょう。
ラスタ形式では PNG, JPEG に対応しています。

出力した画像が大きすぎる場合は、システムプロパティにて解像度の指定が可能です(EMFを除く)。
image


ベクタ形式でクリップボードにコピーするには

astah* 8.0から、新たにOffice系アプリ向けのOfficeOpenXML形式(OOXML形式)にも対応しました。

ベクタ形式でクリップボードにコピーするにはEMF, OOXMLを選択しましょう(Mac版未対応)。
ラスタ形式では BMP, PNG に対応しています。

コピーした画像が大きすぎる場合は、システムプロパティにて倍率の設定が可能です(EMFを除く)。
image1


このテクニックでさらに良いastah*ライフを。


関連記事

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s