クラス図やER図を自動で作成する方法

astah*では、UMLクラス図やER図を自動生成できます。

クラス図の場合、astah*にあるJavaリバース機能や、C#リバースプラグインC++リバースプラグインを使ってソースコードを読込んだ後、クラス図を自動で作成できます。ER図の場合は、DBリバースプラグインを使用する事で、DBからテーブル情報を取り込んだ後、ER図を自動で作成できます。
この機能を使う事により、図を作成する手間が省け効率的にモデリングを進められます。

クラス図と、ER図を自動で作成する手順を下記にご案内します。ぜひお試しください。


クラス図の自動作成

クラス図の自動作成の方法は、2通りあります。

A: 属性、操作を描画しない簡易なクラス図を作成する場合

構造ツリー上にあるパッケージ、サブシステム、モデルなどを右クリックし、[クラス図を自動作成する]をクリックします。

クラス図 自動作成

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

下のような簡易なクラス図を作成できます。
クラス図 自動作成

B: 属性、操作を描画する詳細なクラス図を作成する場合

自動作成したい要素のポップアップメニューを表示し、[詳細クラス図を自動作成する]を選択します。

ER図 自動作成

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

下のような詳細なクラス図を作成できます。


ER図の自動作成

こちらのER図の自動作成を行います。

構造ツリー上にあるERモデルを右クリック後、[ER図を自動作成する]を選択します。

下のようなER図を作成できます。


クラス図やER図を自動で作成する方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中