astah*で業務フローを描こう

astah* professionalでは、UMLER図データフロー図以外に、処理の流れを表す「フローチャート」も描くことができます。
“UMLはastah*で描くけど、フローチャートはVisioを使っています”という声を、たまに耳にしますが、astah*の操作に慣れている方なら、綺麗なフローチャートをastah*で簡単に作成することができます。今回は、astah*で楽しくフローチャートを作成するコツをご紹介します。

 
smarter2  コツ1 –  [処理]アイコンは、図上をダブルクリックして作成

これはあまり知られてないのですが、astah*では、各図でよく使われる図要素を、図上のダブルクリックで生成できます。(ダブルクリックで作成できるモデル一覧)
フローチャートをダブルクリックすると処理ができるので、サクサクと処理を作成することができます。
flowchart.png

 
smarter2  コツ2 – 処理を結ぶ矢印は、ドローサジェストで作成

アイコンをマウスオーバーすると、小さな矢印(ドローサジェスト)が現れます。
この矢印をクリックして、接続先の図要素を選択するだけで、要素間を線で繋げることができます。

(1) アイコンをマウスオーバーして表示される矢印をクリック
draw-suggest.png

(2) 接続先のアイコンをクリック
draw-suggest2.png

(3) 線ができます(直線だけでなく、曲線も引けます)
draw-suggest3.png

 
smarter2  コツ3 – 自分の好きなアイコンを使う

astah* professionalは、日本工業規格(JIS)と産能式のアイコンセットがインストールされていますが、自分の好きなアイコンを集めたテンプレートも作成することができます。(テンプレートのカスタマイズ方法をみる)
flow-template4.png

 
smarter2  コツ4 – Excelやテキストのコピー&ペーストで処理を一括作成

Excelやテキストエディタ等に、処理のリストを作成して、それをフローチャートにコピー&ペーストすることで、複数の処理を一度に作成することもできます。これは、かなり時間短縮ができて便利です。
convert.png

この他にも、処理をユースケースに変換したり、CRUD分析することも可能です。
ぜひ、astah* professional最新版トライアルをインストールして、フローチャートを作成してみてください。
usecase.png

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s