別の環境で図のレイアウトを崩さずにプロジェクトファイルを開く方法

こんにちは、りりぃです。
astah*はWindowsだけでなくmacOS、Linuxで動作しますが、皆さんは別の環境で作成されたastah*のプロジェクトを開いたらレイアウトが崩れたことがありませんか?

私はメインにWindows、テスト環境としてUbuntu等を使っています。Ubuntuで作成したプロジェクトファイルをWindowsで開くと、下図のように表示が崩れてしまいます。

ubuntu_sample windows_sample

この現象の原因は、astahファイルを作成した環境と開く環境で表示される文字のフォントが異なっていて、描画位置がずれることにあります。事前に開く環境にインストールされたフォントを把握し、作成時にそのフォントを使えばレイアウトが崩れなくなります。

フォントの設定方法

  1. フォント・文字サイズの設定を参考にフォント指定ダイアログを開きます
    • 初期設定ではプロジェクトにDialogという論理フォント(環境ごとにフォントが自動選択される)が設定されています
      font_dialog_dialog
  2. 開く環境にインストールされている物理フォントを指定します
    • 私の環境では共通のフォントが見つけられなかったので、astah*を起動する前に双方の環境にIPAフォントをインストールしました
      font_dialog_ipafont
  3. astahバージョン7.2以降では個々の図要素へのフォント指定が可能です。個々の図要素へのフォント設定を行った場合は、そちらでも双方の環境にインストールされているフォントに変更しましょう

 

別名で保存(または保存)をし、ファイルを転送して開くと、双方の環境においてほぼ同じ見た目で表示されました。

ubuntu_ipafont_sample

windows_ipafont_sample

これで別環境で作成されたプロジェクトファイルも、レイアウトを保ったまま開くことができます。ぜひ試してみてくださいね!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s