loop複合フラグメントのloop回数を記述する

loopの相互作用オペレータには、ループ回数の最小値、最大値を、下図のように記述できます。
Sequence_loop1

UML Superstructure Specification, v2.4.1 14.3.3 CombinedFragment (from Fragments) P486より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

astah*では、下記のように記述してください。

(1) まず、複合フラグメントを作成する
Sequence_loop2

 

 

 

 

 

 

 

(2)  複合フラグメントを選択して、astah*画面左下のプロパティビューから[ベース]タブを選択し、[種類]欄にloopを選択します。(loop複合フラグメントの生成)

Sequence_loop3

 

 

 

 

 

(3) [ベース]タブの[名前]欄に( )(丸括弧)で囲い,(コンマ)で区切って回数を入力してください。

Sequence_loop4

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s