モデルを再利用して、すばやく図を描く方法

QuickCommandプラグインの画像

こんにちは、astah*開発チームの岩永です。
今日はモデルを再利用して図を描くときに、簡単にモデルを探せる
QuickCommndプラグインの使い方をご紹介します。
https://astah.change-vision.com/ja/feature/quick-command.html

QuickCommndプラグインはキーボードからコマンドを入力することで、
クラスの作成などを行えるプラグインです。
このプラグインを使う事でクラスやパッケージの検索も行う事が出来ます。

やり方はとても簡単です。

1. Quick Command プラグインをインストールします。(無償)
2. ホットキー(デフォルトではCtrl+Space)を押すと、コマンドを入力するWindowが表示されます。

3. このWindowにお探しのクラス名やパッケージ名を入力します。

目的の図要素が一番上にある時に、エンターを押せば、
簡単に構造ツリーで目的のクラスやパッケージを見つける事が出来ます。
ここからモデルを図にドラッグ&ドロップすれば
構造ツリーに大量にモデルがあるときでも、素早く目的の図要素を置くことが出来ます。

みなさま、ぜひ一度お試しください!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s