ファイルの新規作成時に開くモデルをカスタマイズする方法​

astah*にはJava7.asta、Java8.asta、C_Sharp.asta、C++.astaなどのテンプレートファイルを標準搭載しており、astah*でファイルを新規作成時に開くファイルを、ここから選択することができます。(デフォルトでは、Java8.astaが開きます)

また、自身でテンプレートファイルを作成し、それをファイル新規作成時に開くデフォルトモデルとして設定することも可能です。よく使うモデルを予めデフォルトファイルに​含めることで、効率的にモデリングを進められます。
(関連Tips: Perlのデータタイプ(scalar、array、hashなど)を指定してクラス図を作成​する)

手順を下記にご案内します。ぜひお試しください。


■ 手順

    1. デフォルトファイルとして設定したいプロジェクトファイルを、事前に作成します
    2. 1.で作成したプロジェクトファイルを下記ディレクトリに保存します。(template、projectフォルダが存在しない場合は作成してください)
      ユーザーホーム\.astah\エディション名(例:professional, community, sysml, gsn)\template\project
    3.  
    4. astah*を開き、[ツール] – [システムプロパティ] – [プロジェクト]をクリックします
    5. 3-1. [プロジェクト新規作成時に使用するテンプレート:]欄のドロップダウンリストより、[ユーザーテンプレート]を選択します

er_add_date5

 

 

 

 

 

 

3-2.テンプレートファイル: プロジェクトファイル名 (例: My_template.asta)

er_add_date5

 

 

 

 

 

 

3-3. [適用] – [了解]を押下します

これでプロジェクトファイルを新規で作成すると、1.で作成したプロジェクトファイルがデフォルトファイルとして開きます。


Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s